糖尿病を治療しよう|あなたのためのハッピークリニック

Doctor

治療における食品摂取

治療に必要とされる食事

Pill

1度、糖尿病を発症すると、その治療では栄養バランスやカロリー上限を厳密に守る事が不可欠です。特に先天性な影響を受ける薬物療法が主の1型では無く、成人後に発症する確率がある2型の糖尿病患者では、まず食事・運動による療法が行われるため、注意が必要です。治療における食事療法の目的は、血糖値のコントロールと血管状態の改善です。一般的に運動療法を併用して3ヶ月程度続ける事になるとされます。その際、基本として1日3食、個人差はあるものの1日1600キロカロリーを目安に、炭水化物・脂質・タンパク質に始まってビタミン・ミネラル類など、栄養素の偏りが無い様に摂取する事が不可欠となります。定期的な食事によって空腹が続く事による栄養吸収力増加や、満腹状態での血糖値上昇を抑える事が、療法の効果を発揮するためには特に肝心と言えます。

糖尿病による経済面の影響

糖尿病の治療における食事では、食塩を少なくしたり植物性油を使う様にしたりする等の注意すべき点を除けば、通常と差が無い内容を摂る事になります。そのため、食事や運動療法をとる場合は、治療にかかる費用は月額単位でも自己負担分は数千円程度で済むケースもあります一方で現在では、糖尿病の治療を手助けする目的を持った食品も開発されてきていると言われています。主な例として低GI食品が挙げられます。こうした食品は同様のタイプに属する通常の食品と比較して、同じカロリー分でも食後での血糖値の上昇が緩やかになる様な食品と定義されています。担当医と相談した上で、こうした食品を普段の食事と組み合わせて、血糖値コントロールの効果を上げる事が期待出来ます。